速読なしで、年間読書量を36冊から300冊に増やした方法

お金と時間の得する使い方研究家、マネタイムです。

 
さっそく1つ質問です。

自宅から駅までの道、何をしていますか?

何をしていますかって、駅に行くまで歩いているんですよ!って感じですね(笑)

もちろんそうです。歩くことに加えて、何をしているか、という意味です。

音楽を聴いている人もいますが、その他は何もしていない人が大半であるように思います。あっ、歩きスマホは危ないのでダメですよ!

歩いているときって、それほど頭を使わないですよね?
右足を浮かせて、着地して、反対側の手を出して、今度は左足を浮かせて、えーっと・・・というように考えないと動けないということは普段はないと思います。その証に、例えば、歩きながら会話することがあると思います。意識せずとも同時に2つのことをしているわけです。

ながら作業は時短には欠かせないテクニックで、私は大好きです。ながら作業に特化した話は、別の回でご紹介します。

さて、話を戻します。歩きながらできること、それはAudibleです。

最寄り駅までの時間が10分あれば、10分のAudible読書ができます。駅に着いてからも、構内を歩いてホームへ、そこから望みの号車まで移動、電車を待って、いざ乗り込む。この間の時間も5分くらいかかっています。

また、会社までの徒歩時間があれば、それも読書に充てられます。

移動とその延長の行動には、その他にも細かい時間がたくさんあります。電車の乗り換え時間、エスカレーターに乗っている時間、到着して靴を履き替えたり着替えたりする時間。

通勤時間が短めの人でも、これらの移動+αで往復1時間は取れるでしょう。

 
移動時間以外はいかがでしょうか。

家にいる時間では、家事の時間があります。これはAudibleチャンスです。

掃除機など大きな音が出る家事は厳しいですが、その他はたいてい聴きながら家事ができます。

ジムに行ったりランニングをしたりといった運動をしている人は、その時間も読書タイムになります。一度に何十分か掛けているでしょうし、習慣として定期的に行っているのであれば、まとまった時間が稼げます。

こうやってスキマ時間を活用し、積み上げていくと、1日平均2時間くらいのAudible Timeを作り出すことは決して不可能ではありません。

今まで通り頑張って座って読んでいた月3冊に加え、Audibleの1日2時間分を足すと、読書量は年間で300冊まで跳ね上がります!

Audibleにはメリットがまだまだあります。それは、また次回のお楽しみです。

 

本は聴ける!

お金と時間の得する使い方研究家、マネタイムです。

 
前回、「読書が大切と思いながらも、時間がなかなか取れない人が多いのでは」という話をしました。

私もそうでした。

そんな私が読書量を劇的に増やせたのは、ずばり、Audibleのサービスを利用したからなのです。
https://www.audible.co.jp/

Audibleはamazonの提供するサービスで、本の朗読をしてくれるものです。

1冊ずつ購入することもできますが、月額1,500円の聴き放題がすごいです。

使い方はこんな感じです。


①月額会員に登録。すると、コインが1枚もらえる

②アプリをインストール

③アプリから聴きたい本を探し、ウィッシュリストに登録

④PC版のサイトにサインインし、コインで本を購入(1コイン=1冊)

⑤購入した本をアプリからダウンロードし、聴く

⑥別の本を聴きたくなったら、PC版サイトから返品すると、コインが戻る


2018年8月28日から仕組みが変わったことで、このようにアプリとPCサイト行き来する不便さがありますが、それでも十分活用できるサービスです。

その魅力はなんと言っても、本を聴ける、ことにあります。

本は当然読むもので、座ってじっくり読むもの、という風に思っていませんか?

生活スタイルを変えないと難しいという暗黙知です。

しかし、Audibleでは、本を朗読してくれるので、座ってその為の時間を取らなくてもいいのです!

これは革命です!

次回、私のAudible活用法をご紹介します。

 

読書、出来ていますか?

お金と時間の得する使い方研究家、マネタイムです。

 
読書、していますか?

 
いや、出来ていますか?と言った方がいいかもしれません。

読書って本当に大切です。

各界で活躍している多くの方が、読書の大切さを語ります。

親や学校の先生など、周りの人からも「本読みなよー」って言われたことありませんか?・・・・ありますよね。
反対に、本は読まない方がいいなんて言う人は聞いたことがありません。

読書がいいことなんて、分かっているんです!
・・・心の中では(笑)

時間があったら読みますよ。時間があったらね。

仕事をして、家事をして、色々やることがあって、その上で本も読む。なかなか出来ることではないんです。

私もそんな風に思っていました。

それでもやっぱり頑張ろうと思って読んでいた時期の年間読書量は、36冊でした。
月に3冊ペースです。これでも結構頑張った年でした。

それが、翌年は一気に300冊まで増えました。
速読を練習したり、読書をするために新たに時間を割いたりしたわけではありません。

その方法は、次回お話します。

 

時間で得をするとは?

 
お金と時間の得する使い方研究家、マネタイムです。

 
前回、得して嬉しかったこととして、お金に関する経験を挙げました。
ですが、このブログはお金と時間の両方をテーマにしています。

 
時間で得をするとはどのようなことでしょうか? 
お金に比べるとイメージが湧きにくいですよね。 
 
通常のやり方より早く終えることができる、それが時間の”得”です。
 
いわゆる時短というものです。 
 


 
例を挙げてみましょう。

 
マリオカートというゲームがあります。
マリオたち任天堂のキャラクターが、カートに乗り込みレースを行う大人気のゲームです。私も大好きなゲームのひとつです。

このゲームでは、通常のコースから分岐して通れる隠しトンネルコースがあったり、ジャンプすることでコースの一部を飛ばすことができたりします。

 
これをショートカットと呼びます。

 
子供の頃(大学生になっても)は、新しいショートカットを探したり、見つけたショートカットを走るための技術を磨いたり、タイムを削るために日夜研究をしたりしていました。

 
走りを練習することで、早く走れるようにはなれます。
しかし、ショートカットを使った走りには敵わないのです。

友人が驚くショートカットを使い、圧倒的な早さでゴールした時の喜びは格別なものがありました。
 


 
・・・とここまでゲームの話をしてきましたが、現実世界でも考え方は同じです。

 
時間を有効に使って、空き時間を生み出しましょう。
その時間を好きなこと大切な人との時間に費やすのです。


人生は一度きりです。
 

得することって好きですか?

 
お金と時間の得する使い方研究家、マネタイムです。
 
 
突然ですが、
得することって好きですか?

 
・・・私は大好きです。

 
得して嬉しかった経験って、誰にでもあると思います。

例えば、子供の頃に100円玉を拾ってお菓子を買えたり、ポイントカードが貯まってポイントで買い物できたり。

 
私は昔から得することが好きで、得する度に何とも言えない喜びを感じてきました。

何もなかったところに天から降ってきたような、ラッキーな感覚がたまらないのです。

 
このブログでは、そんなお得を求める私が、「お金と時間の得する使い方」について紹介していきます。

 
「お得な旅」の始まりです!